あなたが見逃してはならない10の日本のボードゲーム

1. Go(Igo)-Go(またはIgo)は、2500年以上前にさかのぼる世界で最も古いボードゲームであると考えられています。このゲームは中国で始まり、やがて日本へと広まりました。正方形のボードには、交差点が361の19×19のグリッド線があります。駒は「ストーン」と呼ばれ、黒と白の2種類の色があります。 1人のプレーヤーは黒い石を使用し、もう1人は白い石を使用します。このゲームに勝つには、できるだけ多くの対戦相手の石をキャプチャする必要があります。 2.将棋–将棋は、長方形の板と、表面に日本語の漢字で書かれた名前が付いた20個の2つのセットで構成されています。将棋は西洋のチェスにかなり似ています。相手のキングをチェックメイトする人が勝者になります。ただし、そのルールはより複雑です。 3.数独–数独は、最も有名な日本のゲームの1つです。さまざまなバージョンに進化していますが、標準タイプは、9つのボックスに分割された正方形のボードです。各ボックスには、9つの小さなセルが含まれています。合計で81個のセルがあります。通常、事前に入力される番号は10のみです。プレーヤーは、2つの単純なルールに従って、1から9までのすべての不足している数字をボックスに入力する必要があります。 4.かるた-かるたは2人用の日本のカードゲームです。かるたには、いろはガルタ、うたガルタ、花札の3種類があります。ガルタうたが最も有名なようで、漫画「ちはやふる」のおかげで多くの国で有名になりました。 5.五目並べ–五目並べは2人用の戦略ゲームです。これは、5つの行としても知られています。従来、五目並べは碁盤の黒と白の石で、15×15のグリッドの交点のみを使用して行われます。しかし、今日では、紙と鉛筆のゲームがより一般的になっています。人々は黒と白の石の代わりにXとOをマークします。 6. E-Sugoroko-E-Sugorokuは、子供たちが新年に遊ぶ伝統となっている日本のボードゲームです。ヘビとはしごのゲームにかなり似ています。 7.人生ゲーム-日本は独自の「人生のゲーム」バージョンである人生ゲームと呼ばれるものを開発しました。これは「人間の人生ゲーム」を意味します。子供向けにデザインされた日本のボードゲームです。プレーヤーは幼児としてゲームを開始し、人生のさまざまな段階を通過します。 8.麻雀-日本のボードゲームに関しては、麻雀について言及することを忘れないでください。通常、4人が136タイルでプレイします。そのルールは非常に複雑で、理解するのが難しいですが、麻雀はまだ非常に魅力的です。 9.まちころ-マチコロまたは「ダイスタウン」は、2〜4人でプレイできる有名な日本のボードゲームです。 4つの重要なランドマークがある都市の建設を最初に完了した人がゲームに勝利します。 10.連珠-連珠は五目並べの変形で、碁盤で白と黒の石を動かすことによってプレイされます。両方のゲームの目的は、どの方向にも5石の切れ目のないチェーンを取得することですが、連珠のルールは五目並べのルールよりも厳密です。