家族で遊ぶ日本の伝統的な5つの卓上ゲーム

日本は、デュオがそれぞれのゲームですべての主要タイトルを獲得した後、2人の将棋チャンピオンに人民栄誉賞を与えることを検討しています。このニュースは、従来の卓上ゲームが日本のビデオゲームと同じくらい有名であることを示しています。日本の伝統的な卓上ゲームの最高のものをご覧になりませんか! 1.将棋(将棋)-「将棋(将棋)」は、2人で遊ぶ伝統的なゲームです。チェスと同じように、チェスのように駒を捕まえることができますが、チェスとは異なり、これらの駒は捕獲者が使用できます。ゲームは相手の王のチェックメイトで終了します。ゲームの最初の祖先であるチャトゥランガは、6世紀にインドで生まれました。将棋は、現在の形で、16世紀には早くもプレイされました。 2. Igo(囲碁)-「Igo(囲碁)」は、2人を必要とする戦略ゲームです。白と黒の石をボード上に交互に配置して、相手の石を囲んで捕まえようとします。ボードが石でいっぱいになるか、領土を獲得する可能性がなくなると、ゲームは終了します。 2,500年以上前に古代中国で発明されました。 7世紀に日本に到達した。このゲームは、8世紀に日本の宮廷で有名になり、13世紀までに一般大衆の間で有名になりました。今日のゲームの現在のバージョンは、15世紀に日本で正式にリリースされました。 3.かるた(骨牌)-「かるた(骨牌)」は、和歌100枚の詩を100枚のカードに2組書いたカードゲームです。1組はよみふだです。完全な詩が書かれているものと、もう1つはトリフダ(「掴むカード」)で、それぞれが読み札に一致し、対応する詩の最後の数行だけが書かれ​​ています。かるたは明治維新前の19世紀初頭からありますが、ルールは地域によって異なります。 4.すごろく(双六)-「すごろく(双六)」は、日本のボードゲームの2つの異なる形式を指します。それは、西部のバックギャモンに似ているban-すごろくと、西部のヘビやはしごに似ているe-すごろくです。 。番すごろくは6世紀に中国から日本に伝わったと考えられています。一方、ヘビやはしごに似たルールを持つシンプルなe-双六は、13世紀後半に登場し、江戸時代の安価で精巧な木版印刷技術によって有名になりました。 5.リーチ麻雀(リーチ麻雀)-「リーチ麻雀(リーチ麻雀)」は、日本で最も人気のある屋内ゲームの1つであり、アメリカのポーカーゲームと同様のステータスです。それは中国の起源であり、4人で演奏されます。各プレイヤーの手札は常に13枚のタイルで構成されています。リーチ麻雀の目的は、14タイルの完全な手札を得ることです。 1924年、平山三郎という兵士が日本にゲームをもたらしました。彼は東京で麻雀クラブ、パーラー、学校を始めました。