ギャンブルの歴史

日本のギャンブルの魅力的な歴史

日本のギャンブルには素晴らしい歴史があります。それは武士と将軍の前にさかのぼります。既存の記録によると、それは7世紀以降に行われたと言われています。ギャンブルの中国文化が日本人に影響を与えたと考えられています。日本でのギャンブルの魅力的な歴史を探しているなら、あなたは正しいウェブページにいます。日本とギャンブルの詳細な説明については、この記事に従ってください。 1.情熱と運の物語 旅行者と商人が中国から日本に移住したとき、彼らは彼らと一緒に文化的特徴を取りました。これは、ギャンブルの熱意と娯楽の精神を植え付けました。日本人は徐々に、スポーツをすべての献身、感情、時間厳守、抱負、思考と融合させました。 2.日本初のゲーム 日本で最初のギャンブルゲームは番長六でした。それは火から出て、昇る太陽の遠い帝国に到達した普及したゲームの1つと考えられました。 Ban-Sugorokuは、西部のバックギャモンゲームに非常に似ていました。 Banの手綱を握った後、ゲームの確立は一時停止し、さまざまな形で登場しました。 3.ギャンブルがすべてでした 日が経つにつれて、ギャンブルに対する愛は人々を引き寄せ続けました。情熱以上に、それは強迫観念になりました。世界は文化の転換期にあり、多くの新しい言語、文化、伝統、宗教、多くの文化的特性が地域間で交換され続けていました。この領域では、ギャンブルは裕福な男性と女性の有名な趣味の1つでした。 4.体系的なギャンブルと規制 ギャンブルは、日本の超重複ゲームになりました。それは完全な人気を巻き込んだ。 16世紀半ばには、すべての男性と女性がさまざまな種類のギャンブルに従事するのを見ることができました。ゲームの苦戦期間中、日本当局は1718年にゲームの区分または分類を確立することを計画しました。ランキングは、賭け、軽い賭け、および大規模な賭けに基づいて行われました。これは、ギャンブルに広く関与する日本人を制御するためだけに作られました。 5.パチンコの出現 パチンコは、第11次世界大戦中に生まれました。名古屋市で生まれたと言われています。ギャンブルの西洋化が拡大し始めたとき、多くの農民、大小の商人、さらには毎日の賃金労働者でさえギャンブルに関与し始めました。規模を確認するために、日本市場はゲームとゲームに関する大規模な規制を主導しました。これがパチンコの誕生につながりました。 6.パチンコの進化 パチンコの発祥の地である名古屋で最初のパチンコゲームが開かれました。このゲームは、名古屋での設立後、空を越えて盛り上がりました。このゲームは非常に人気が高まったため、日本の当局は大人をギャンブルする必要がありました。 ethパチンコの人気は日に日に高まり、世界中の人々が名古屋を訪れ始めました。これにより政府は落ち着きを失い、ついにパチンコサロンを禁止した。