ちょーはんばくちダイスゲームのルール

ちゅーはんばくちやちょーはんは、サイコロを必要とする従来の日本のギャンブルゲームです。ゲームには2つの標準的な6面サイコロが必要です。サイコロはディーラーによってボウルまたは竹コップで振られます。その後、カップは床でひっくり返されます。次に、プレーヤーは、2つのサイコロの合計が “Chō”(偶数)または “Han”(奇数)のどちらであるかに賭ける必要があります。次にディーラーはカップを上げ、サイコロを表示します。その後、勝者はお金を集めることができます。状況によっては、ディーラーがハウスとして行動し、負けた賭けをすべて集めることがあります。しかし、たいていの場合、プレーヤーはお互いに賭け(これにより、偶数のプレーヤーが奇数と偶数に賭けをする必要があります)、ハウスは勝利した賭けのセット部分を収集します。 このゲームは、昔の日本の遊牧民ギャンブラー、バクトの頼りになるサイコロゲームであり、現代のヤクザ(日本の組織犯罪グループのメンバー)によって引き続きプレイされています。従来のシュウハン設定では、プレーヤーは畳の上に座る必要があります。ディーラーは正式な正座の位置に座る必要があり、多くの場合(不正行為の非難を防ぐために)上半身裸で、彼の手の込んだ入れ墨を見せています。 多くの日本の映画、特にシャンバラやヤクザの映画には、中央版のシーンが含まれています。また、龍が如く(ヤクザ)シリーズのほとんどの日本のビデオゲームでプレイ可能なミニゲームでもあります。 このゲームは、1700年代から20世紀半ばにかけて、日本の犯罪組織によって最初に発明されました。今日でも、現代のヤクザのメンバーが演奏しています。ヤクザは世界最大の犯罪組織の1つです。今日、約84,700人の既知のメンバーがいます。 従来の日本の朝鮮のやり方では、畳の床(通常、稲わらが詰められている織り、折りたたみ、積み重ねられたマット)は、円形に向かい合って座る必要があります。ディーラーは、シャツを着用せずに(誰もがチートを呼ばないようにするため)正式な青座位置(上足を床に合わせてひざまずき、お尻をかかとに置く)で座って、入れ墨を自慢する必要があります。 このゲームは元々は飲酒ゲームと考えられていますが、日本の恐ろしいヤクザに関連するギャンブルゲームとして進化しました。このゲームは日本の文化に深い歴史があり、多くのマンガ、アニメ、ビデオゲーム、日本のドラマで見ることができます。

日本のギャンブルとの複雑な関係

日本がギャンブル法を書き換えるように提案してから20年後、政府はようやくカジノを合法化する法案を可決しました。 政府は、ホテル、コンベンション施設、劇場、小売店、レストラン、その他のさまざまな娯楽施設、およびカジノを統合する統合リゾートの設立により、雇用機会を創出し、地方自治体と外国人観光客を日本に呼び込みます。日本の国民は、しかし、熱狂的なようです。 安倍晋三首相の政府は、法律の制定を阻止することを決定した野党によってもたらされた不信任投票を生き延びた。しかし、政府は最終日に法案を通過させることができました。新法により、日本初の総合リゾート地として全国3カ所が選定される。 IRは2020年に運用を開始する予定です。最初のIRが成功すれば、将来、より多くのリゾートが構築されます。長崎と大阪の都市がホストの可能性が高いと考えられています。 日本はすでに賭博を合法化しており、人々は賭博を競馬、パワーボートレース、自転車レース、および一種のピンボールである「パチンコ」に置いています。批評家は、ギャンブル依存症と戦うための法案で提示された措置が不十分であることを警告しています。 法律は可決され、これらの総合リゾートは間違いなく建設されます。次のステップは、地方自治体がコンソーシアムパートナーを選択し、政府が入札者から最適な3つの場所を選択することです。 政府はこれらの総合リゾートのゲーム以外の面を継続的に宣伝し、会議、コンベンション、インセンティブ旅行、展示会、音楽の会場のための大規模な施設を備えることを強調しました。 総合リゾートの設立の背後にある政府の主な動機は、これらの施設がもたらす追加収入です。さらに、IRはより多くの外国人観光客を引き付け、新しい5つ星ホテルの開発、建設セクターの支援、新しい雇用機会の創出を支援します。ただし、すべての人がこれらの利点に確信しているわけではありません。 国会が成立した直後の調査では、約64.8%の人がカジノに反対し、わずか26.7%が賛成だった。桜田輝夫は、設立されたIRの最も声高な反対者の一人です。彼は政府が彼らにIRが大きなプラスの経済的影響を与えると彼らに告げるかもしれないと信じています、しかし広範な調査は政府が税金から多くを稼ぐが、一般の人々はそれから利益を得ないことを示しています。 桜田氏は、日本人の大多数はカジノに反対していると指摘している。彼はさらに、日本にはすでに約500万人がギャンブルにはまっていると述べています。 ほとんどの人にとって、ギャンブルへの依存症の増加が懸念の最も重要な原因です。それでも、ギャンブルの宣伝はコミュニティの若いメンバーにとって悪い例となると指摘する人もいます。彼らは幸運である必要があります。

家族で遊ぶ日本の伝統的な5つの卓上ゲーム

日本は、デュオがそれぞれのゲームですべての主要タイトルを獲得した後、2人の将棋チャンピオンに人民栄誉賞を与えることを検討しています。このニュースは、従来の卓上ゲームが日本のビデオゲームと同じくらい有名であることを示しています。日本の伝統的な卓上ゲームの最高のものをご覧になりませんか! 1.将棋(将棋)-「将棋(将棋)」は、2人で遊ぶ伝統的なゲームです。チェスと同じように、チェスのように駒を捕まえることができますが、チェスとは異なり、これらの駒は捕獲者が使用できます。ゲームは相手の王のチェックメイトで終了します。ゲームの最初の祖先であるチャトゥランガは、6世紀にインドで生まれました。将棋は、現在の形で、16世紀には早くもプレイされました。 2. Igo(囲碁)-「Igo(囲碁)」は、2人を必要とする戦略ゲームです。白と黒の石をボード上に交互に配置して、相手の石を囲んで捕まえようとします。ボードが石でいっぱいになるか、領土を獲得する可能性がなくなると、ゲームは終了します。 2,500年以上前に古代中国で発明されました。 7世紀に日本に到達した。このゲームは、8世紀に日本の宮廷で有名になり、13世紀までに一般大衆の間で有名になりました。今日のゲームの現在のバージョンは、15世紀に日本で正式にリリースされました。 3.かるた(骨牌)-「かるた(骨牌)」は、和歌100枚の詩を100枚のカードに2組書いたカードゲームです。1組はよみふだです。完全な詩が書かれているものと、もう1つはトリフダ(「掴むカード」)で、それぞれが読み札に一致し、対応する詩の最後の数行だけが書かれ​​ています。かるたは明治維新前の19世紀初頭からありますが、ルールは地域によって異なります。 4.すごろく(双六)-「すごろく(双六)」は、日本のボードゲームの2つの異なる形式を指します。それは、西部のバックギャモンに似ているban-すごろくと、西部のヘビやはしごに似ているe-すごろくです。 。番すごろくは6世紀に中国から日本に伝わったと考えられています。一方、ヘビやはしごに似たルールを持つシンプルなe-双六は、13世紀後半に登場し、江戸時代の安価で精巧な木版印刷技術によって有名になりました。 5.リーチ麻雀(リーチ麻雀)-「リーチ麻雀(リーチ麻雀)」は、日本で最も人気のある屋内ゲームの1つであり、アメリカのポーカーゲームと同様のステータスです。それは中国の起源であり、4人で演奏されます。各プレイヤーの手札は常に13枚のタイルで構成されています。リーチ麻雀の目的は、14タイルの完全な手札を得ることです。 1924年、平山三郎という兵士が日本にゲームをもたらしました。彼は東京で麻雀クラブ、パーラー、学校を始めました。

あなたが見逃してはならない10の日本のボードゲーム

1. Go(Igo)-Go(またはIgo)は、2500年以上前にさかのぼる世界で最も古いボードゲームであると考えられています。このゲームは中国で始まり、やがて日本へと広まりました。正方形のボードには、交差点が361の19×19のグリッド線があります。駒は「ストーン」と呼ばれ、黒と白の2種類の色があります。 1人のプレーヤーは黒い石を使用し、もう1人は白い石を使用します。このゲームに勝つには、できるだけ多くの対戦相手の石をキャプチャする必要があります。 2.将棋–将棋は、長方形の板と、表面に日本語の漢字で書かれた名前が付いた20個の2つのセットで構成されています。将棋は西洋のチェスにかなり似ています。相手のキングをチェックメイトする人が勝者になります。ただし、そのルールはより複雑です。 3.数独–数独は、最も有名な日本のゲームの1つです。さまざまなバージョンに進化していますが、標準タイプは、9つのボックスに分割された正方形のボードです。各ボックスには、9つの小さなセルが含まれています。合計で81個のセルがあります。通常、事前に入力される番号は10のみです。プレーヤーは、2つの単純なルールに従って、1から9までのすべての不足している数字をボックスに入力する必要があります。 4.かるた-かるたは2人用の日本のカードゲームです。かるたには、いろはガルタ、うたガルタ、花札の3種類があります。ガルタうたが最も有名なようで、漫画「ちはやふる」のおかげで多くの国で有名になりました。 5.五目並べ–五目並べは2人用の戦略ゲームです。これは、5つの行としても知られています。従来、五目並べは碁盤の黒と白の石で、15×15のグリッドの交点のみを使用して行われます。しかし、今日では、紙と鉛筆のゲームがより一般的になっています。人々は黒と白の石の代わりにXとOをマークします。 6. E-Sugoroko-E-Sugorokuは、子供たちが新年に遊ぶ伝統となっている日本のボードゲームです。ヘビとはしごのゲームにかなり似ています。 7.人生ゲーム-日本は独自の「人生のゲーム」バージョンである人生ゲームと呼ばれるものを開発しました。これは「人間の人生ゲーム」を意味します。子供向けにデザインされた日本のボードゲームです。プレーヤーは幼児としてゲームを開始し、人生のさまざまな段階を通過します。 8.麻雀-日本のボードゲームに関しては、麻雀について言及することを忘れないでください。通常、4人が136タイルでプレイします。そのルールは非常に複雑で、理解するのが難しいですが、麻雀はまだ非常に魅力的です。 9.まちころ-マチコロまたは「ダイスタウン」は、2〜4人でプレイできる有名な日本のボードゲームです。 4つの重要なランドマークがある都市の建設を最初に完了した人がゲームに勝利します。 10.連珠-連珠は五目並べの変形で、碁盤で白と黒の石を動かすことによってプレイされます。両方のゲームの目的は、どの方向にも5石の切れ目のないチェーンを取得することですが、連珠のルールは五目並べのルールよりも厳密です。