日本の伝統的なゲームと遊び

集まりをもっと楽しくする方法を探していますか?朝日の国の人々が何世紀にもわたって楽しんでいたことを知り、一緒に時間を過ごすという日本のアイデアに触発されます

日本の伝統芸能

日本人は働き者であるにもかかわらず、楽しみは何世紀にもわたって彼らの文化の重要な部分でした。平安時代には、宮廷での生活はゲームが欠かせませんでした。従来のゲームは娯楽としてだけではありませんでした。彼らの結果は通常、裁判所の階層を確立する上で決定的な決定的な役割を果たしました。アーチェリーやジャグリングなどのスポーツ、そしてモノアワセなどの知的に要求されるボードゲームは、中世の日本の廷臣の間で有名でした。詩コンクール(うたあわせ)や絵画コンテスト(うわあせ)は、貴族から多くの注目を集めました。

日本のゲームと演劇の歴史

ほとんどの日本のゲームは、日本文化の他の要素と同様に、中国の伝統に基づいています。彼らの海外の隣人によってもたらされた、ゲームは日本人の次の世代のための娯楽の重要な情報源でした。日本人は徐々にこれらのゲームのオリジナルバージョンを変更し、独自のエンターテイメントの伝統を生み出しました。ビデオゲームやその他の技術的に高度なエンターテインメントの需要が高まっているにもかかわらず、古いゲームのいくつかはまだ日本人の間で有名です。日本の代表的なゲームのリストをご紹介します。

日本のボードゲーム

1.囲碁-日本の有名なボードゲームの1つは「囲碁」または「囲碁」です。それは石を囲むゲームを意味します。それは中国から日本に来て、すぐに貴族の間だけでなく、武士や庶民の間でも人気の娯楽になりました。 17世紀に、それは職業として公式に認められました。最初の学校はプロの選手を教えるために設立されました。ゴーオーソリティも設立されました。ゲームには、プレイヤーに数え切れないほどの戦略的機会を提供する単純なルールがあります。 2人のプレーヤーにはそれぞれ石と呼ばれる駒があり、1人のプレーヤーは白い石を使い、他のプレーヤーは黒い石を使います。

各プレーヤーは対戦相手の石を囲み、ボード上のより多くのスペースを占有する必要があります。ルールは単純ですが、ゲームは一連の動き全体の習得と長年の練習が必要です。今日まで、学校はこれらの知的娯楽愛好家にトレーニングを提供しており、彼らは日本人マスターによって戦術的なスキルを教えるために世界中から日本にやって来ます。

2.すごろく-すごろくは、おそらく6世紀に日本で登場し、中国版ゲームの日本語版です。 Goと同様に、双六には2人のプレーヤーが必要です。それぞれに15個の白または黒の断片があります。最も重要な要素はボードです。ライバルは2つのサイコロを振って、その数に応じて駒を進める必要があります。目的は、ルート全体をできるだけ早くカバーすることです

Categories: 事実

0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *