部外者として、日本にはどこにもパチンコ店があることがわかります。これらのパチンコ店のネオン表示は、全国どこでもあなたのルックスに出会います。実際、TVスロットでさえ、新しいパーラーや機械の広告が殺到します。

管理者はクラブの制限を解除したので、賭けの普及はその取得に依存しています。たとえば、Casinotopsonline.comなどの効果的なオンラインクラブサイトは、信じられないほどのさまざまなゲームと美味しい報酬を提供して、ベッティングファンの大きなセクションを引き付けています。ライブギャンブルク​​ラブのような最近のハイライトは、その魅力をさらに増しています。これらのギャンブルク​​ラブによるそのような魅力的なアイデアにより、パチンコ店はおそらく日本で大量の競争に直面する必要があるでしょう。

1-パチンコ台の歴史

パチンコ機の始まりは、「コリントス」ゲームとして知られている1920年代に戻ります。驚いたことに、当時のこのゲームのポイントは、お店で菓子を購入するために若者を引き寄せることでした。そのユビキタス性は短期間で日本で途方もなく発展し、さらに世界に広がりました。日本が第二次世界大戦に巻き込まれた時点で、すべてのパチンコ店が閉鎖されました。いずれにせよ、1948年に名古屋で主要なビジネスパーラーがオープンし、戦争が終結すると、ゲームの普及が始まりました。

2-韓国人はこの業界を圧倒します

パチンコ店の所有者の大部分は朝鮮人です。これらの韓国人は日本にあるパーラーの約70%を占めると評価されています。それは、このチャネルを通じて莫大な数のドル収入が北朝鮮に行く方法です。これらの所有者のかなりの数は、日本で働く平壌のエースであると言われています。

これらの朝鮮人は、第一次世界大戦が終わった後のビジネスのパイオニアでした。多くは仕事の先駆的統治中に日本に来たが、他の人は国内で拘束された労働者であった。

3-なぜそれは賭けではないのですか?

多くの人はパチンコを一種の賭けと見なしているかもしれませんが、実際のところ、そうではありません。パチンコのチャンプは、金銭ではなく、スイーツ、Tシャツ、美容製品などの賞品を獲得します。

いずれにせよ、勝者は賞金を本物のお金と交換するためのスポットであり、定期的に小さなコテージに置かれているカンキンによってこれらの賞品を締めくくることができます。これらのカンキンは賞をパーラーに売り戻すので、手順は再度ハッシュ化されます。

4-日本のパチンコ店の減少

日本では、パチンコ店の数が着実に減少していることが注目されています。現在、2005年よりも33%少ないパチンコパーラーがあると評価されています。これらの残りのパーラーは、より若々しいプレーヤーを引き込むためにまともな試みを行っていますが、新しい法律は現在ブロックです。習慣の問題を抑えるために、法律は最も極端な支払いを33%削減しました。これは、450ドルの合計が4時間のミーティングでプレイヤーが調達できる最大のものであることを意味しました。

ビジネスの5サイズ

パチンコ業界の規模は信じられないほど大きい。 2002年の収入だけで予想される28億000万ドルで、ニュージーランドのような国のGDP全体を上回っています。さらに、日本の貨物自動車産業よりも多く、ラスベガスの年間の賭け収入の数倍です。パチンコ事業も同様に、膨大な数の個人を一貫して活用しています。


0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *