日本がギャンブル法を書き換えるように提案してから20年後、政府はようやくカジノを合法化する法案を可決しました。
政府は、ホテル、コンベンション施設、劇場、小売店、レストラン、その他のさまざまな娯楽施設、およびカジノを統合する統合リゾートの設立により、雇用機会を創出し、地方自治体と外国人観光客を日本に呼び込みます。日本の国民は、しかし、熱狂的なようです。

安倍晋三首相の政府は、法律の制定を阻止することを決定した野党によってもたらされた不信任投票を生き延びた。しかし、政府は最終日に法案を通過させることができました。新法により、日本初の総合リゾート地として全国3カ所が選定される。 IRは2020年に運用を開始する予定です。最初のIRが成功すれば、将来、より多くのリゾートが構築されます。長崎と大阪の都市がホストの可能性が高いと考えられています。


日本はすでに賭博を合法化しており、人々は賭博を競馬、パワーボートレース、自転車レース、および一種のピンボールである「パチンコ」に置いています。批評家は、ギャンブル依存症と戦うための法案で提示された措置が不十分であることを警告しています。

法律は可決され、これらの総合リゾートは間違いなく建設されます。次のステップは、地方自治体がコンソーシアムパートナーを選択し、政府が入札者から最適な3つの場所を選択することです。

政府はこれらの総合リゾートのゲーム以外の面を継続的に宣伝し、会議、コンベンション、インセンティブ旅行、展示会、音楽の会場のための大規模な施設を備えることを強調しました。
総合リゾートの設立の背後にある政府の主な動機は、これらの施設がもたらす追加収入です。さらに、IRはより多くの外国人観光客を引き付け、新しい5つ星ホテルの開発、建設セクターの支援、新しい雇用機会の創出を支援します。ただし、すべての人がこれらの利点に確信しているわけではありません。

国会が成立した直後の調査では、約64.8%の人がカジノに反対し、わずか26.7%が賛成だった。桜田輝夫は、設立されたIRの最も声高な反対者の一人です。彼は政府が彼らにIRが大きなプラスの経済的影響を与えると彼らに告げるかもしれないと信じています、しかし広範な調査は政府が税金から多くを稼ぐが、一般の人々はそれから利益を得ないことを示しています。

桜田氏は、日本人の大多数はカジノに反対していると指摘している。彼はさらに、日本にはすでに約500万人がギャンブルにはまっていると述べています。
ほとんどの人にとって、ギャンブルへの依存症の増加が懸念の最も重要な原因です。それでも、ギャンブルの宣伝はコミュニティの若いメンバーにとって悪い例となると指摘する人もいます。彼らは幸運である必要があります。


0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *