ちゅーはんばくちやちょーはんは、サイコロを必要とする従来の日本のギャンブルゲームです。ゲームには2つの標準的な6面サイコロが必要です。サイコロはディーラーによってボウルまたは竹コップで振られます。その後、カップは床でひっくり返されます。次に、プレーヤーは、2つのサイコロの合計が “Chō”(偶数)または “Han”(奇数)のどちらであるかに賭ける必要があります。次にディーラーはカップを上げ、サイコロを表示します。その後、勝者はお金を集めることができます。状況によっては、ディーラーがハウスとして行動し、負けた賭けをすべて集めることがあります。しかし、たいていの場合、プレーヤーはお互いに賭け(これにより、偶数のプレーヤーが奇数と偶数に賭けをする必要があります)、ハウスは勝利した賭けのセット部分を収集します。

このゲームは、昔の日本の遊牧民ギャンブラー、バクトの頼りになるサイコロゲームであり、現代のヤクザ(日本の組織犯罪グループのメンバー)によって引き続きプレイされています。従来のシュウハン設定では、プレーヤーは畳の上に座る必要があります。ディーラーは正式な正座の位置に座る必要があり、多くの場合(不正行為の非難を防ぐために)上半身裸で、彼の手の込んだ入れ墨を見せています。

多くの日本の映画、特にシャンバラやヤクザの映画には、中央版のシーンが含まれています。また、龍が如く(ヤクザ)シリーズのほとんどの日本のビデオゲームでプレイ可能なミニゲームでもあります。
このゲームは、1700年代から20世紀半ばにかけて、日本の犯罪組織によって最初に発明されました。今日でも、現代のヤクザのメンバーが演奏しています。ヤクザは世界最大の犯罪組織の1つです。今日、約84,700人の既知のメンバーがいます。

従来の日本の朝鮮のやり方では、畳の床(通常、稲わらが詰められている織り、折りたたみ、積み重ねられたマット)は、円形に向かい合って座る必要があります。ディーラーは、シャツを着用せずに(誰もがチートを呼ばないようにするため)正式な青座位置(上足を床に合わせてひざまずき、お尻をかかとに置く)で座って、入れ墨を自慢する必要があります。

このゲームは元々は飲酒ゲームと考えられていますが、日本の恐ろしいヤクザに関連するギャンブルゲームとして進化しました。このゲームは日本の文化に深い歴史があり、多くのマンガ、アニメ、ビデオゲーム、日本のドラマで見ることができます。


0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *